| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛しのアビ子


3月6日
日付が変わろうとした時にアビ子の心臓の鼓動が止まりました。




予兆はありながらも、日々の私的な悩みや色々なことで
病院の先生の言うがまま信じて調べることをしなかったこと。

自分や娘の体調を優先してたのもあり、積極的な情報収集をしなかったこと。

それをしていたらアビ子は助かっていたのだろうか。
少なくとも今日は生きていていたのかもしれないのかな。

色んな思いがぐるぐると巡り、
でもなによりもアビ子がいない。
その現実に打ちのめされています。

いつもアビ子がいる場所が空いていて。
今はそこに花を飾っています。



アビ子の視線がない。

鈴のような鳴き声がもう聞こえない。


寂しいです。

すごくすごく寂しいです。


娘がアビ子に向って「アビちゃん起きて~!」
と言って亡骸に触れ、その冷たさに驚いていましたが、
アビ子の死に顔を見て「アビちゃんかわいいね」
と繰り返し言っていました。

アビ子とはいったんバイバイなんだよ。
お花で飾ってあげようね。

と言いましたが2歳児に理解はできないですよね・・・。




昨日、お寺さんにお迎えに来てもらいアビ子を見送りました。

アビ子が入った箱を載せ、ワゴン車の後部ハッチが閉まり
お寺の方が車のエンジンをかけた時、娘が泣き叫び始めました。

「アビちゃん! アビちゃん! 行かない!! アビちゃん!」

車が走り出すと、追いかけて車が見えなくなってもアビ子の名前を叫んでいて。
家の中に入ってもアビちゃんが、アビちゃんが!!と言い続けてました。


しばらく娘を抱きしめてその場で2人で泣いていました。




「大丈夫、アビちゃん帰ってきてくれるよ、待っていようね」
と言ってしまいました。


すると落ち着いて、
「アビちゃん、帰ってくる!!帰ってくる!」
と思い出したように言っています。


インターフォンがなるたび
「アビちゃん!帰ってきた!!」
と慌てて玄関に走ってます。

娘よ、ごめん。


かあちゃん最低だな。

でも見えなくてもアビ子は心の中で、思い出の中で寄り添ってくれているよ。
娘のケアとフォローも考えなくては。




色々な考えがありますが。
私はアビ子を骨壷に入れたくなくて、火葬後すぐ埋葬してもらいたかったのですが
すぐの埋葬は合同火葬しかないそうで・・・。

でも寂しくなくていいのかなとか漠然と考えました。



一晩置いて、翌朝に火を入れますとのことで、今朝その時間に手を合わせました。
翌日以降、いつでもお参りに来園できますよ、とのことでしたので、
来週あたりにチワ夫も連れて行ってこようかと考えています。

府中にある慈恵院という所です。
病院の薦めでしたが都内で一番の規模の施設というのを後で知りました。
ドッグランもあるみたいです。


落ち込んでる時間も本当は無いのですが、しばらくは泣いて暮らすことにします。

我慢しないでいっぱい泣きます。






お時間のある方はこの先をどうぞ

≫ Read More

スポンサーサイト

| 未分類 | 19:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。